解決済 104I69 呼吸器

ツ反陰性の成人男性の症例問題について

この症例が膿胸→ドレナージなのはわかるのですが、ツ反が陰性なのが気になりました。
結核で膿胸を来たすことは少ないので結核の急性期は除外できますが、
ツ反陰性が病的意義を持つのはどのような時なのでしょうか。

回答2件

  • ほずみん
    ほずみん

    免疫力低下を示唆しています。
    膿胸をきたしやすい背景です。

  • ほずみ先生からご回答いただけるとは…!
    納得できました。ありがとうございました。

コメントを投稿する

ログインするとコメントを投稿することができます。

  • 問題参照 104I69

    61歳の男性。発熱、胸痛および呼吸困難を主訴に来院した。2週前から咳、痰および38℃台の発熱が出現し、自宅近くの診療所で風邪と診断されて治療を受けたが改善しなかった。4日前から胸痛と呼吸困難とが出現して増強するため受診した。42歳時にアルコール性肝障害を指摘された。喫煙は30本/日を32年間。飲酒は日本酒4合/日を36年間。体温38.4℃。聴診で左胸部の呼吸音が減弱し、同部の打診で濁音を認める。血液所見:赤血球430万、Hb 12.4g/dL、Ht 42%、白血球14,800、血小板23万。免疫学所見:CRP 22.8mg/dL、ツベルクリン反応陰性。胸部エックス線写真で左下肺野に陰影を認める。胸部造影CTを別に示す。胸腔試験穿刺を行って悪臭のある黄色膿性の液を採取した。
    対応として適切なのはどれか。2つ選べ
    • a 抗菌薬静脈内投与
    • b 気管支鏡下吸引
    • c 穿刺ドレナージ
    • d 左下葉切除
    • e 放射線治療
  • 関連トピック

    なし