受付中 106A42 01.腎

炭酸水素ナトリウム液の適応

eの選択肢:炭酸水素ナトリウム液の大量投与に対し、『pH 7.18であり、現時点では考慮しない。』との解説になっておりますが、7.4に比べるとかなりアシドーシスになっているように思えますが、適応となるpHの目安は如何程なのでしょうか。

回答1件

  • 「適応となるpH」に関して直接の回答ができず恐縮ですが、pHだけ見ればアシドーシスは確かにあり、炭酸水素ナトリウムを使うこと自体は大きな間違いとは言い切れない気もします。

    問題を解くうえでは、少なくとも溢水があるため”大量”投与は不適ですし、高カリウムなどの状態も考えると血液透析がbestだと考えられます。

コメントを投稿する

ログインするとコメントを投稿することができます。

  • 問題参照 106A42

    64歳の女性。息切れと食欲不振とを主訴に来院した。22歳以降、健康診断のたびに蛋白尿、尿潜血および高血圧を指摘されていたが、自覚症状がないため受診しなかった。最後に健康診断を受けたのは5年前である。2か月前に両下肢の浮腫が出現し、次第に増強してきた。1週前から歩行時の息切れを自覚し、3日前から食欲がなくなったため受診した。身長164cm、体重66kg。脈拍104/分、整。血圧174/104mmHg。呼吸数20/分。SpO2 84%(room air)。マスクで酸素投与(6L/分)を開始した。眼瞼結膜は蒼白である。聴診で収縮期心雑音を聴取し、呼吸音は減弱している。腹部は平坦、軟である。両下肢に圧痕を伴う高度な浮腫を認める。尿所見:蛋白3+、潜血2+。血液所見:赤血球224万、Hb 7.2g/dL、Ht 20%、白血球7,000、血小板16万。血液生化学所見:アルブミン2.4g/dL、尿素窒素102mg/dL、クレアチニン9.2mg/dL、総コレステロール280mg/dL、Na 130mEq/L、K 6.8mEq/L、Cl 102mEq/L。動脈血ガス分析(自発呼吸、6L/分酸素投与下):pH 7.18、PaCO2 36Torr、PaO2 98Torr、HCO3- 13mEq/L。胸部エックス線写真を別に示す。
    対応として適切なのはどれか。
    • a 血液透析の導入
    • b 人工呼吸器の装着
    • c アルブミンの投与
    • d HMG-CoA還元酵素阻害薬の投与
    • e 炭酸水素ナトリウム液の大量投与
  • 関連トピック

    なし