解決済 111I44 消化管

術後体液管理について

お世話になっております。
この問題について,術後の血管内脱水があることから輸液を選択する,ということは理解できたのですが,輸液投与によってoverloadとなり浮腫や心不全などが出現してくることも考慮すると,この輸液についてはどのような組成でどのくらいの量の投与をすればよいのでしょうか。

回答1件

  • Na等情報がありませんので、なんともはっきりとは言えません。
    が、術後経過は安定ですので、維持輸液と考えれば3号あたりでしょうか。

コメントを投稿する

ログインするとコメントを投稿することができます。

  • 問題参照 111I44

    65歳の男性。大腸癌の手術後で入院中である。2週間前に右腹部の腫瘤と疼痛とを自覚して受診した。来院時、身長165cm、体重64kg。脈拍64/分、整。血圧140/88mmHg。右側腹部に可動性のある径5cmの腫瘤を触知した。腹部CTで上行結腸の不整な壁肥厚と上腸間膜静脈周囲のリンパ節腫大を認め、大腸内視鏡検査と生検で上行結腸癌と診断された。入院後、リンパ節郭清を伴う右半結腸切除術が行われた。現在、手術終了から16時間が経過している。脈拍104/分、整。血圧108/80mmHg。腹部は軟だが、やや膨隆している。腸雑音は低下している。16時間尿量560mL、尿比重1.020。経鼻胃管からの16時間排液量は1,200mLで性状は淡黄色混濁である。

    行うべき処置はどれか。

    • a 輸液の増量
    • b イレウス管挿入
    • c 制吐薬の静脈投与
    • d 利尿薬の静脈投与
    • e ソマトスタチン誘導体の皮下投与
  • 関連トピック

    なし