解決済 102I58 内分泌代謝

収縮期駆出性雑音について

お世話になっております。
本症例では、収縮期駆出性雑音を認めておりますがこの雑音の原因として何が考えられるのでしょうか。
よろしくお願いします。

回答3件

  • 回答失礼致します。
    おそらく高血圧によって心臓に負荷がかかったことによるものだと思います。
    101D16のように貧血による代償機転で収縮期雑音が聴くことがあるため私はそのように思いました。

  • 解答ありがとうございます。
    高血圧による心雑音については無知でした。
    大動脈弁硬化による無害性雑音というのが存在するのですね。
    教えていただきありがとうございました。

コメントを投稿する

ログインするとコメントを投稿することができます。

  • 問題参照 102I58

    45歳の男性。四肢筋力低下を主訴に来院した。1か月前から両上下肢の筋力が低下した。5年前から高血圧を指摘されていたが放置していた。1年前から労作時に脈が乱れることに気付いていた。意識は清明。身長176cm、体重82kg。体温36.4℃。脈拍84/分、不整。血圧172/104mmHg。収縮期駆出性雑音を聴取する。呼吸音に異常を認めない。肝・脾を触知しない。尿所見:蛋白2+、糖1+。血液所見:赤血球420万、Hb 16.0g/dL、Ht 46%、白血球5,200、血小板32万。血液生化学所見:空腹時血糖122mg/dL、HbA1c 6.1%(基準4.3~5.8)、総蛋白7.2g/dL、アルブミン5.1g/dL、尿素窒素18.0mg/dL、クレアチニン1.1mg/dL、尿酸8.5mg/dL、総コレステロール252mg/dL、トリグリセライド182mg/dL、総ビリルビン0.8mg/dL、AST 32U/L、ALT 22U/L、Na 145mEq/L、K 3.1mEq/L、Cl 104mEq/L、Ca 9.0mg/dL、P 3.0mg/dL、TSH 3.0μU/mL(基準0.2~4.0)、ACTH 32pg/mL(基準7~60)、FT3 3.5pg/mL(基準2.5~4.5)、FT4 1.8ng/dL(基準0.8~2.2)、コルチゾール10.1μg/dL(基準5.2~12.6)、アルドステロン16ng/dL(基準5~10)、血漿レニン活性〈PRA〉0.3ng/mL/時間(基準1.2~2.5)。腹部単純CTで右副腎に径1cmの腫瘤性病変を認める。
    診断に必要な検査はどれか。
    • a 水負荷試験
    • b T3抑制試験
    • c CRH負荷試験
    • d 立位負荷試験
    • e デキサメタゾン抑制試験
  • 関連トピック

    なし