受付中 105D38 救急

輸血について

解説でHbが保たれているので輸血の必要はないとなっていますが、急性の出欠の場合Shock indexで出血量を推測した方がよいのではないでしょうか?
今回、脈拍84/分で収縮期血圧104mmHgなのでShock index<1となり、早急に輸血を必要としないといった方がいいと思います

回答2件

  • 輸液と輸血を混同されていませんか?
    通常、輸血はボリューム補充ではなくHb補充の目的で使われるかと思います。

  • 急性出血ではHbに反映されず、Hbが保たれているからといって必ずしも大量出血を否定できるものではないと記憶しています
    出血量を考慮せず、Hb≧11だからといって細胞外液を輸液しても、出血量によっては希釈されHbの低下になり輸血が必要になりませんか?
    なので、出血量はSIで推測し、場合によっては輸血も考慮されていたはずです

コメントを投稿する

ログインするとコメントを投稿することができます。

  • 問題参照 105D38

    19歳の男性。サッカーの試合中に左側腹部を蹴られ、左側腹部痛と血尿とを主訴に来院した。意識は清明。身長171cm、体重68kg。体温36.8℃。脈拍84/分、整。血圧104/62 mmHg。心音と呼吸音とに異常を認めない。腹部は平坦、軟で、肝・脾を触知しない。左側腹部に皮下血腫と圧痛とを認める。尿所見:蛋白1+、糖(-)、潜血3+。血液所見:赤血球360万、Hb 11.8g/dL、Ht 35%、白血球8,600、血小板26万。血液生化学所見:総蛋白6.8g/dL、アルブミン3.8g/dL、尿素窒素18mg/dL、クレアチニン0.7mg/dL。CRP 0.3mg/dL。
    まず行う対応として適切なのはどれか。
    • a 輸血
    • b レノグラム
    • c 左腎摘除術
    • d 膀胱鏡検査
    • e 腹部造影CT
  • 関連トピック

    なし