112A75

24歳の女性。発熱と左下腿の浮腫とを主訴に来院した。1年前から海水浴やスキーに行った際に顔面の紅斑が出現した。1か月前から37℃台の発熱と顔面紅斑が持続し、1週間前から左下腿の浮腫を自覚したため受診した。体温37.5℃。脈拍80/分、整。血圧124/76mmHg。呼吸数12/分。SpO2 98 % (room air)。頰部と爪周囲とに紅斑を認める。心音と呼吸音とに異常を認めない。両手関節と肘関節とに圧痛を認める。左下腿部の腫脹と把握痛とを認める。尿所見:蛋白(±)、潜血1+、沈渣に赤血球5〜10/1視野、白血球1〜4/1視野、細胞円柱を認めない。血液所見:赤血球330万、Hb 10.5g/dL、Ht 32%、白血球3,200(桿状核好中球20 %、分葉核好中球45%、好酸球2%、好塩基球1%、単球3%、リンパ球29%)、血小板12万、PT-INR 1.1(基準0.9〜1.1)、APTT 44.5秒(基準対照32.2)、Dダイマー6.5μg/mL(基準1.0以下)。血液生化学所見:総蛋白7.4g/dL、アルブミン4.0g/dL、CK 52U/L(基準30〜140)、尿素窒素16mg/dL、クレアチニン0.6mg/dL。免疫血清学所見:CRP 0.2mg/dL、リウマトイド因子〈RF〉陰性、抗核抗体2,560倍(基準20以下)、抗dsDNA抗体107IU/mL(基準12以下)、CH50 17U/mL(基準30〜40)、C3 32mg/dL(基準52〜112)、C4 7mg/dL(基準16〜51)。心電図、胸部エックス線写真および心エコー検査で異常を認めない。

次に行うべき検査はどれか。2つ選べ。

腎生検
下肢の筋生検
抗Jo-1抗体測定
下肢静脈超音波検査
抗カルジオリピン抗体測定

解答: d,e

112A75の解説

若年女性の発熱と下腿浮腫。光線過敏と思われる起因からの顔面紅斑、関節痛、汎血球減少、抗核抗体高値、補体低下、といった情報から全身性エリテマトーデス〈SLE〉の背景があることが読み取れる。APTTの延長、Dダイマー高値より血栓傾向にあることも分かり、抗リン脂質抗体症候群〈APS〉を疑う。
a ループス腎炎を合併する可能性はあるが、本患者では有意な蛋白尿はみられず、現時点での腎生検は不要。
b CKは基準値にあり、筋が原因となる病態は考えにくい。
c 皮膚筋炎や多発性筋炎を疑った際に測定する。
d 正しい。深部静脈血栓〈DVT〉の描出を試みる。
e 正しい。APSで検出される抗体である。

正答率:80%

テーマ:抗リン脂質抗体症候群〈APS〉による深部静脈血栓症〈DVI〉の検査

フォーラムへ投稿

関連トピック

なし