111C19

6か月の乳児。発熱を主訴に母親に連れられて救急外来に来院した。意識は清明であるが、ぐずっている。体温38.5℃。心拍数144/分、整。血圧90/60mmHg。呼吸数30/分。SpO2 98%(room air)。毛細血管再充満時間4秒と延長している。

この患児において重症感染症を示唆する所見はどれか。

体 温
心拍数
血 圧
呼吸数
毛細血管再充満時間

解答: e

111C19の解説

6か月乳児の発熱。所見から重症感染症が示唆されるものを選ぶ。
a 軽症の感染症でも体温が38.5℃となることはある。
b 頻脈ではあるも、軽症感染症でも心拍144/分となることはある。
c 乳児の血圧は成人より低く、90/60mmHgは正常範囲である。
d 乳児の呼吸数は成人より多く、30/分は正常範囲である。
e 正しい。トリアージで使われることで有名な毛細血管再充満時間〈CRT〉の延長は循環不全を示唆する。選択肢の中ではもっとも重症な所見である。

正答率:71.0%

テーマ:6か月乳児で重症感染症を示唆する所見

フォーラムへ投稿

関連トピック

なし