111C17

救急外来に日本語の話せない68歳の外国人男性が来院した。対応した臨床修練外国医師が診察と検査を行い記載した診療録の一部を示す。

Presenting complaint:Abdominal pain at the left lower quadrant.
History of presenting complaint:Sudden onset of sharp pain at the left lower abdomen 3 days ago. Associated with nausea and chills.
Examination:
  • Temperature 37.2℃.
  • No pallor or jaundice.
  • Generalized abdominal distension with abdominal tenderness and localized rebound tenderness at the left lower quadrant. Bowel sounds are reduced.
  • No tenderness or mass on rectal examination.
Investigation:
  • WBC count: 11,300/μL, CRP: 9.8mg/dL.
  • CT: multiple small pouches with thickened bowel walls of the sigmoid colon.

診断はどれか。

Crohn's disease
Sigmoid volvulus
Acute appendicitis
Sigmoid diverticulitis
Meckel's diverticulosis

解答: d

111C17の解説

全文を読まなくても、最後のCT所見だけ読めば正答に至る。
a Crohn病。
b S状結腸軸捻転症。
c 急性虫垂炎。
d 正しい。S状結腸憩室炎と考えられる。
e Meckel憩室。

【全訳】
主 訴:左下腹部痛
現病歴:3日前に急激な左下腹部の鋭い痛みが出現した。吐き気と悪寒とを伴う。
現 症:体温37.2℃。貧血と黄疸とを認めない。腹部全体が膨満しており、疼痛を伴う。左下腹部に反跳痛を認める。腸雑音は減弱している。直腸診では疼痛は認めず、腫瘤を触れない。
検査所見:白血球11,300。CRP 9.8mg/dL。CTではS状結腸に多発する憩室と壁肥厚とがみられる。

正答率:82.0%

テーマ:英文診療録の読解

フォーラムへ投稿

関連トピック

なし