110I16

褥瘡の発生に関与しないのはどれか。
a
低栄養
b
関節拘縮
c
知覚過敏
d
皮膚の乾燥
e
全身麻酔下での手術

解答: c

110I16の解説

a 低栄養では創傷治癒が滞りやすくなるため、軽微な損傷が重篤な褥瘡発生につながることがある。
b 関節拘縮では骨など吐出部が臥床時に不均等に圧迫されることで褥瘡をきたしやすい。
c 誤り。知覚過敏であれば、軽微な創傷でも発見しやすいため、褥瘡に至る可能性が低い。
d 皮膚が乾燥していると創傷を作りやすくなる。また、液性因子の遊走も遅延するため治癒もしにくい。過去問で「皮膚の湿潤」もリスクという出題があるため、皮膚は過度に湿潤していても乾燥していても褥瘡のリスクとなる」という両方で覚えておきたい。
e 自力での体位変換ができないため、褥瘡の発生リスクとなる。

正答率:70.0%

テーマ:褥瘡の発生に関与しない因子