110H21

65歳の女性。腹痛を主訴として家族とともに緩和ケア外来を受診した。1年前に進行膵癌の診断で膵体尾部切除術を受け、1か月前から腹痛が出現した。局所再発、肝転移および腹膜播腫を認め、予後は2か月程度と考えられる。医師が患者に根治は困難であることを伝えた。患者は流涙したまましばらく沈黙が続いた。その後、医師が「お話を続けてもよろしいでしょうか」と声をかけると患者は頷いた。
次に医師がかける言葉として適切なのはどれか。
「何か叶えたい希望はありますか」
「来週落ち着いて話し合いましょう」
「あまりお役にたてることはないようです」
「残された余命について話し合いましょう」
「今どのようなお気持ちか話していただけますか」

解答: e

110H21の解説

医療面接での医師の発言を選ぶ、必修らしい出題。
a 残された時間がわずかであることを暗に示唆してしまう発言。
b 逃避的態度であり、好ましくない発言。
c 医師から見放されたかのような印象を与えてしまう発言。
d 「残された余命」という表現が本人に絶望的な印象を与えてしまう可能性がある。好ましくない発言。
e 正しい。感情の吐露を支援する無難な発言。
※こうした問題で点が取れない者が案外多い。上記解説では便宜的にその選択肢が誤りである根拠を示したが、実戦的には「最も無難でオブラートに包まれた発言」「患者に傾聴と共感している発言」を選んでおけばまず失点することはあるまい。

正答率:84.0%

テーマ:予後2か月の患者に医師がかける言葉

フォーラムへ投稿

関連トピック

なし