110H2

歩行時の姿位を図に示す。
この患者の左下肢に予想されるのはどれか。
筋緊張低下
腱反射減弱
足クローヌス
線維束性収縮
アステリキシス

解答: c

110H2の解説

ぶん回し歩行〈コンパス歩行〉が示されている。脳梗塞等の後遺症としての片麻痺が考えやすい。錐体路(上位運動ニューロン)の障害で出現する歩行形態であるため、それに合致する選択肢を選ぶ。
a・b 下位運動ニューロンまたは筋の障害にてみられる。
c 正しい。錐体路(上位運動ニューロン)の障害で出現する。
d 下位運動ニューロンの障害にてみられる。
e 肝性脳症にてみられる。

正答率:55.0%

テーマ:ぶん回し歩行〈コンパス歩行〉で下肢に予想される症候

フォーラムへ投稿

関連トピック

なし