110E46

46歳の男性。全身のしびれと悪心とを主訴に来院した。初夏のある朝、朝食にアサリの味噌汁、焼魚および山菜を食べた。アサリと魚は汽水域で採ったもの、山菜は近くの山野で採取したものである。食べて10分後に口唇がしびれるのを感じ、20分後にはしびれが全身に広がり悪心も生じたため朝食後40分して受診した。一緒に食事をした妻も口唇のしびれを訴えている。来院時、意識は清明。体温36.0℃。脈拍84/分、不整。血圧116/70mmHg。呼吸数16/分。SpO2 98%(room air)。顔面と四肢とに知覚異常がある。瞳孔径は両側6mmで、対光反射は正常。呼吸音に異常を認めない。腹部は平坦、軟で、肝・脾を触知しない。腸雑音はやや亢進している。胸部エックス線写真で異常を認めない。心電図モニターで心室性期外収縮が観察されている。
優先すべき処置はどれか。
胃洗浄
酸素吸入
抗菌薬投与
全身の除染
アドレナリン投与

解答: a

110E46の解説

アサリによる麻痺性貝中毒や、山菜による植物毒等が考えられるが、出題者は原因物質の特定を求めてはいない。
a 正しい。摂取後1時間以内であるため、胃洗浄が有効。胃洗浄の実施は近年意見の分かれるところではあるが、他選択肢と比較するに選択せざるを得ない。
b 呼吸数は正常で、SpO2も正常である。酸素吸入は不要。
c 発熱もみられておらず、食後1時間以内に細菌感染が重篤化している状況は考えにくい。それゆえ抗菌薬は不要。
d 有機リンのように周囲へ拡散して二次被害を惹起するタイプの中毒ではないため不要。
e 血圧は116/70mmHgと保たれており、アドレナリン投与は不要。

正答率:75.0%

テーマ:食中毒で優先すべき処置

フォーラムへ投稿

関連トピック

なし