110D38

72歳の女性。左股関節痛と歩行困難とを主訴に来院した。3年前から左股関節痛を自覚し、最近、痛みが強くなり跛行を伴うようになってきたため受診した。股関節部に外傷歴はない。喫煙歴はない。飲酒は機会飲酒。身長152cm、体重65kg。体温36.2℃。脈拍72/分、整。下肢長は右75cm、左73cmである。股関節エックス線写真正面像を別に示す。
最も考えられる疾患はどれか。
関節リウマチ
化膿性股関節炎
神経病性関節症
大腿骨頭壊死症
変形性股関節症

解答: e

110D38の解説

左股関節痛の主訴から該当部分のエックス線をみると、関節裂隙の狭小化や骨硬化像がみられる。変形性関節症の診断となる。
a 対称性の病変をみる。
b 炎症症状をみる。
c ふらつきなど、神経症状をみる。
d 副腎皮質ステロイドやアルコール多飲の背景でみられることが多い。
e 正しい。上記の通り。

正答率:77%

テーマ:変形性股関節症の診断

フォーラムへ投稿

関連トピック

なし