110A44

32歳の初妊婦。甲状腺機能の検査を希望して来院した。妊娠10週ころから動悸を感じ、妊娠12週で甲状腺機能異常を認めたため紹介されて受診した。甲状腺はびまん性に軽度腫大し、TSH 0.02μU/mL(基準0.2〜4.0)、FT4 3.2ng/dL(基準0.8〜2.2)であった。またヒト絨毛性ゴナドトロビン〈hCG〉は200,000mIU/mL(基準16,000〜160,000)であった。
次に測定すべき検査項目はどれか。
TRAb
サイログロブリン
尿中ヨウ素排泄量
抗甲状腺ペルオキシダーゼ抗体
放射性ヨード(123I)の甲状腺摂取率

解答: a

110A44の解説

妊娠に伴って発生した甲状腺機能亢進症状。FT4が上昇し、フィードバックによりTSHが低値を示している。hCGの軽度高値は甲状腺機能亢進症状の一環で説明がつく。
a 正しい。妊娠にともなって生じた一過性のものなのか、Basedow病が背景にあるのか、鑑別が重要となる。
b・c 甲状腺機能の異常があれば非特異的に変動する。すなわちこれらの値が異常値であることを示したところで「甲状腺異常がある」としか言えず、得られる情報が少ない。
d aと比べ、非特異的な抗体である。
e 妊婦に放射性ヨードを投与するのは禁忌である。

正答率:61.0%

テーマ:妊婦に生じた甲状腺機能亢進症

フォーラムへ投稿

関連トピック