109C25

52歳の男性。意識障害のため搬入された。勤務していた工場で作業中に倒れ、同僚が119番と110番に通報し救急搬送された。搬入時、意識レベルはJCS III-300。体温41.0℃。脈拍120/分、整。血圧80/50mmHg。呼吸数28/分。搬入時には家族に連絡がとれず既往歴や生活歴が分からなかった。同僚から患者は不眠症で複数の医療機関から薬を処方されていたようだとの話があった。熱中症を疑い、状況を確認するため連絡した問い合わせ先と、その返答とを表に示す。
問い合わせ先 返 答
救急隊員 現場の状況を医師に伝えるのは救急隊員の役割ではありません。
警察官 発症現場でなく、病院を所轄する警察署が取り扱うべき事件です。
産業医 事業所の労働環境の管理は産業医の職務でも責任でもありません。
かかりつけ医 一般に睡眠導入薬は熱中症に影響せず、私には無関係です。
かかりつけ薬局の薬剤師 個人情報ですが非常事態なので調剤の内容を伝えます。
正しいのはどれか。
① 
② 
③ 
④ 
⑤ 

解答: e

109C25の解説

中年男性の熱中症疑い。役職とその役割についての問題であり、実質的な一般問題。
a 現場の状況を医師に伝えるのも救急隊員の役割。
b 発生現場を所轄する警察署が取り扱うべきである。
c 事務所の労働環境の管理は産業医の業務である。
d 睡眠導入薬を多く服用した場合、翌日ももうろう状態となる可能性はあり、熱中症のリスクとなる。また、たとえ睡眠導入薬が本症例に関係なかったとしても、かかりつけ医が「私には無関係です」というのはあまりにも無責任である。
e 正しい。緊急時で本人の意識もなく、適切な対応と言える。

テーマ:緊急時の役職ごとの対応

フォーラムへ投稿

関連トピック

なし