108E41

39歳の女性。子宮頸がん検診の細胞診で異常を指摘されたため来院した。不正性器出血はなかった。初経12歳。月経周期28日、整。腟鏡診で分泌物は白色少量である。酢酸加工後のコルポスコピィの写真を別に示す。
最も考えられるのはどれか。
子宮頸癌
子宮頸管炎
トリコモナス腟炎
尖圭コンジローマ
異形成〈子宮頸部上皮内腫瘍〉

解答: e

108E41の解説

子宮頸がん検診で異常を指摘されている以上、b~dはなさそうだが、aかeかの判断はコルポスコピィの写真が読めるか否かにかかっている。ここで今、白色上皮とモザイク形成が認められているため、異形成〈子宮頸部上皮内腫瘍〉と考える。
a 子宮頸癌では異型血管や赤点斑をみる。
b 子宮頸管炎では子宮頸部の所見はほぼ正常。
c トリコモナス腟炎では泡沫状帯下をみる。
d 尖圭コンジローマでは子宮腟部に乳頭状の腫瘤をみる。
e 正しい。上記の通り。

テーマ:異形性〈子宮頸部上皮内腫瘍〉

フォーラムへ投稿

関連トピック

なし