108B19

緩和医療における全人的苦痛について正しいのはどれか。
社会的苦痛への対応を優先する。
精神的苦痛には傾聴が有効である。
家族内問題による苦痛には対応しない。
スピリチュアルペインは身体的苦痛として対応する。
身体的苦痛にはオピオイドの急速静注が必要である。

解答: b

108B19の解説

全人的苦痛=身体的・精神的・社会的・霊的の4つの要素から成る。
a 上記4つの苦痛に優劣はない。
b 正しい。医療者による傾聴が患者の不安や恐れに有効。
c 家族内問題による苦痛は社会的苦痛に含まれる。むろん対応すべきである。
d スピリチュアルペイン(=霊的苦痛)と身体的苦痛とは別物。
e オピオイドを急速静注すると、呼吸抑制をみる可能性が高く、注意を要する。 本選択肢は、すべての身体的苦痛にオピオイド急速静注、といったニュアンスを持っており、誤り。

テーマ:全人的苦痛

フォーラムへ投稿

関連トピック

なし