108B17

生後1週以内の新生児においてPIVKA-IIを測定すべき症候はどれか。
下 痢
黄 疸
吐 血
多呼吸
チアノーゼ

解答: c

108B17の解説

PIVKA-IIはビタミンK欠乏と肝細胞癌で高値となる。
a 下「血」なら考慮すべき。
b 先天性胆道閉鎖症や新生児肝炎では黄疸を見、かつビタミンKの吸収不全が起こるが、生後1週以内に症状が出現する可能性は低い。
c 正しい。ビタミンK欠乏による消化管出血(新生児メレナ)の可能性を考える。
d・e 特にPIVKA-IIとは関係ない。

テーマ:PIVKA-Ⅱを測定すべき症候

フォーラムへ投稿

関連トピック

なし