108A47

72歳の男性。人間ドックでPSA 8.3ng/mL(基準4.0以下)を指摘されたため来院した。PSAを再検したところ8.4ng/mLであった。直腸指診で、小鶏卵大、弾性硬および表面平滑の前立腺を触知するが、明らかな硬結は認めない。腹部超音波検査で前立腺体積は32mlであった。
次に行う検査として適切なのはどれか。
尿細胞診
腹部単純CT
前立腺針生検
骨シンチグラフィ
逆行性尿道膀胱造影

解答: c

108A47の解説

高齢男性のPSA高値では前立腺癌を疑う。前立腺炎でもPSAが上昇することがあるが、今回は否定的。
a 尿路系の癌で施行される。
b 前立腺が見えなくはないが、確定診断には無効。
c 正しい。エコー下で生検を行い、確定診断を行う。
d 骨転移した場合に考慮する。
e 膀胱や尿道の形態的変化をみるために行う。

テーマ:前立腺癌

フォーラムへ投稿

関連トピック

なし