108A23

38歳の男性。両眼の軽度霧視を訴えて来院した。霧視は2か月前から自覚し、頭痛を伴うという。矯正視力は右1.0、左0.9。両眼の眼底写真(A、B)を別に示す。
診断に有用なのはどれか。
眼圧測定
頭部MRI
眼球運動検査
眼球超音波検査
蛍光眼底造影検査

解答: b

108A23の解説

画像上、両眼に乳頭浮腫を認めている。乳頭浮腫を見た場合、視神経炎とうっ血乳頭を鑑別に挙げるが、前者であれば両側性の発症はまれである。脳腫瘍の存在により、頭蓋内圧が亢進し、うっ血乳頭をみている、と考えたい。
a 急性緑内障を考えた場合に行う。
b 正しい。MRIにて脳内を精査すべきである。
c 眼球運動のトラブルではない。
d 白内障で眼底の透見が不可の際などに使用する。現在は眼底も見えており、実施する必要はない。
e 網膜疾患を考えた場合に行う。

正答率:59%

テーマ:うっ血乳頭

フォーラムへ投稿

関連トピック

なし