107E56

6か月の乳児。嘔吐と下痢とを主訴に来院した。2日前の健康診査で身長67cm、体重7,520gであった。昨日から嘔吐が出現し、本日になり白っぽい下痢が頻回となったため受診した。受診時、体重6,670g、体温37.2℃。心拍数136/分、整。血圧64/40mmHg。血液生化学所見:尿素窒素42mg/dL、クレアチニン0.6mg/dL、Na 128mEq/L、K 3.2mEq/L、Cl 88mEq/L。
この児で考えられるのはどれか。2つ選べ
腱反射亢進
不穏興奮状態
大泉門の膨隆
皮膚緊張度の低下
意識レベルの低下

解答: d,e

107E56の解説

6か月児の白色便であり、ロタウイルス感染を疑う。頻回の下痢により循環血液量が低下し、体重減少、血圧低下、BUN/Cr比の上昇がみられている。Na 128mEq/lより、低張性脱水である。
a 高張性脱水でみられることがある。
b 高張性脱水でみる。
c 脱水により大泉門は陥凹する。
d 正しい。皮膚緊張度〈皮膚ツルゴール〉は低下する。
e 正しい。傾眠傾向となる。

テーマ:ロタウイルス感染

フォーラムへ投稿

関連トピック

なし