107A31

43歳の女性。1か月前から労作時の息切れを自覚し、心尖部にIII/VI度の汎〈全〉収縮期雑音を聴取する。心エコー図(A、B)を次に示す。
この疾患について正しいのはどれか。
中心静脈圧が低下する。
右→左シャントを認める。
左室流出路狭窄を認める。
左室の圧負荷が増大する。
左房の容量負荷が増大する。

解答: e

107A31の解説

心尖部(僧帽弁領域)での汎〈全〉収縮期雑音は僧帽弁閉鎖不全症〈MR〉を示唆する。画像で確認しよう。画像Aでは収縮期にもかかわらず僧帽弁が開いているように見える(よくみると左房内へ僧帽弁後尖が逸脱している)。画像Bでは同時期に左室→左房への逆流エコーがみられる。やはりMRがあるようだ。厳密な診断としては僧帽弁逸脱症〈MVP〉となる。
a 心不全では中心静脈圧が上昇することはあっても、低下することはない。
b 先天性心疾患などでみられる。
c 左室流出路狭窄を認めるのは肥大型心筋症〈HCM〉である。
d 左室の圧負荷が増大するのは大動脈弁狭窄症〈AS〉である。
e 正しい。MRでは左房と左室の容積負荷が増大する。

テーマ:僧帽弁閉鎖不全症

フォーラムへ投稿

関連トピック

なし