106G8

石綿のばく露に起因する可能性が低いのはどれか。
胸膜中皮腫
間質性肺炎
気管支喘息
原発性肺癌
胸膜プラーク

解答: c

106G8の解説

106回では106I33でも類例が出題されており、ここでもやはり気管支喘息と原発性肺癌が登場している。
a・e 石綿ばく露により、胸膜のプラーク形成や、胸膜中皮腫をみる。
b・d 間質性肺炎や原発性肺癌といった肺内病変もみる。
c 誤り。気管支喘息はI型アレルギーが関与しており、石綿ばく露とは関係ない。

テーマ:石綿ばく露

フォーラムへ投稿

関連トピック

なし