106G36

胃酸分泌を亢進させるのはどれか。2つ選べ
ガストリン
セクレチン
ソマトスタチン
糖依存性インスリン放出ペプチド〈GIP〉
ヒスタミン

解答: a,e

106G36の解説

a 正しい。ガストリンは幽門前庭部のG細胞から分泌され、胃壁細胞からの胃酸分泌を亢進させる。
b セクレチンは十二指腸のS細胞から分泌され、胃酸分泌を抑制する。
c ソマトスタチンは視床下部や胃・小腸、膵のD細胞から分泌され、胃酸分泌を抑制する。
d 糖依存性インスリン放出ペプチド〈GIP〉は、十二指腸~上部空腸のK細胞から分泌され、胃酸分泌を抑制する。GLP-1とともにインクレチンと総称され、血糖上昇時にインスリン分泌を促進する働きももつ。
e 正しい。ヒスタミンは胃底腺のECL細胞から分泌され、壁細胞のH2受容体に結合し、胃酸分泌を亢進させる。この機序を利用し、H2ブロッカーは胃酸分泌抑制薬として用いられている。

テーマ:胃酸分泌

フォーラムへ投稿

関連トピック

なし