106E49

61歳の男性。急性骨髄性白血病に対する抗がん化学療法開始後13日。今朝から悪寒戦慄を伴う39℃台の発熱を認める。白血球1,100(好中球10%、好酸球1%、好塩基球1%、単球7%、リンパ球81%)。CRP 23mg/dL。
発熱の原因として最も考えられるのはどれか。
a
リステリア
b
黄色ブドウ球菌
c
ニューモシスチス
d
サイトメガロウイルス
e
水痘・帯状疱疹ウイルス

解答: b

106E49の解説

急性骨髄性白血病に対する化学療法後であり、発熱と好中球が500/μL未満である状態から発熱性好中球減少症を考える。特に細菌感染に対する免疫が落ちていることに注意する。
a リステリア菌は食物摂取で感染しうる細菌である。しかし、選択肢には黄色ブドウ球菌(常在菌含む)がありこちらの方が感染の可能性が高いため正答をbに譲る。
b 上記の通り、正しい。
c 真菌も鑑別に挙がるがまずは細菌感染を考える。
d・e ウイルス感染も鑑別に挙がるがまずは細菌感染を考え

テーマ:日和見感染