106D60

38歳の初妊婦。妊娠36週。頭痛を主訴に来院した。妊娠34週までは特に異常を指摘されていなかった。1週前に軽い頭痛を自覚し、自宅で様子をみていたが次第に増強してきたため受診した。血圧160/110mmHg。全身に浮腫を認める。尿蛋白2+。胎児心拍数陣痛図で胎児機能不全と診断し、緊急帝王切開で2,600gの女児を娩出した。術後8時間を経過した時点で、褥婦が強直性間代性けいれんをきたした。
治療薬の有効成分はどれか。
Na
K
Cl
Ca
P
Mg
Cu
Fe
Zn

解答: f

106D60の解説

妊娠36週であり、頭痛を自覚している38歳初妊婦である。血圧160/110mmHg、尿蛋白2+、全身の浮腫と妊娠高血圧症候群の診断基準を満たしている。妊娠経過に異常はなかったが、緊急帝王切開後に強直性間代性けいれんをきたしており子癇を呈している。
a~e・g~i 子癇に対応できる治療薬の成分に含まれていない。L type型設問の意味をなさない選択肢群である。
f 正しい。子癇には硫酸マグネシウムが有効である。

正答率:90%

テーマ:子癇

フォーラムへ投稿

関連トピック

なし