106A30

62歳の女性。腹痛と血便とを主訴に来院した。以前から時々便秘をする以外は自覚症状はなかったが、昨夜突然、左下腹部痛が出現し、直後に血便を認めた。腹痛は、排便後一時的に軽減したが今朝から増強し、悪心を伴うようになった。2時間前に再度血便を認めたため受診した。10年前から自宅近くの診療所で高血圧症に対する治療を受けている。意識は清明。身長153cm、体重54kg。体温37.2℃。脈拍88/分、整。血圧120/84mmHg。呼吸数14/分。SpO2 98%(room air)。腹部は平坦で、左下腹部に圧痛を認めるが、Blumberg徴候と筋性防御とを認めない。腸雑音は低下し、金属音を聴取しない。血液所見:赤血球350万、Hb 11.0g/dL、Ht 43%、白血球9,200、血小板38万。血液生化学所見:尿素窒素19mg/dL、クレアチニン1.2mg/dL。CRP 5.0mg/dL。立位と臥位の腹部エックス線写真(A、B)を次に示す。
入院後の対応として適切なのはどれか。
イレウス管による減圧術
開腹手術
カテーテル塞栓術
大腸内視鏡による減圧術
保存的治療

解答: e

106A30の解説


テーマ:虚血性腸炎

フォーラムへ投稿

関連トピック

なし