105G49

60歳の女性。今朝、突然激しい腰背部痛が出現し、歩けなくなったため搬入された。1年前から側頭動脈炎の治療のためプレドニゾロンを内服している。胸腰椎エックス線写真で腰椎圧迫骨折を認める。
急性疼痛が消失した後の対応として適切なのはどれか。
牽引療法を開始する。
免疫抑制薬を投与する。
プレドニゾロンを増量する。
ビスホスホネートを投与する。
非ステロイド性抗炎症薬〈NSAID〉を投与する。

解答: d

105G49の解説

プレドニゾロン(副腎皮質ステロイド薬)による骨粗鬆症からの腰椎圧迫骨折。
a 変形がある際に適応となる。
b 自己免疫疾患に有用。
c プレドニゾロンを増量しては骨粗鬆症がさらに悪化するを投与する。
d 正しい。ビスホスホネートにより骨吸収抑制を図る。
e 消炎鎮痛薬であり、本患者に投与する意味はない。

正答率:95%

テーマ:骨粗鬆症

フォーラムへ投稿

関連トピック

なし