105B43

新しく発売された抗菌薬Aの肺炎に対する治療効果を調べるために、新たに入院する肺炎患者を対象として、抗菌薬Aを投与した群(A群)と既存の抗菌薬Bを投与した群(B群)とに割り付けて、治療効果を入院期間で比較検討した。得られた結果を表に示す。
 A群   B群   P値 
対象者数 198人 201人  
入院期間(平均) 8.1日 9.6日 0.036
この結果の解釈について正しいのはどれか。
A群はB群に比べて入院期間が平均で3.6%短い。
A群の入院期間の平均値の誤差は3.6%以内である。
A群の方がB群より入院期間が短くなる確率は3.6%である。
A群の96.4%の患者は入院期間がB群の平均入院期間よりも短い。
A群とB群とで入院期間に差がないのに、誤って差があるとする確率は3.6%である。

解答: e

105B43の解説

新発売の抗菌薬Aに対し、治療効果について研究された結果を解釈する問題である。P値とは、A群とB群とで入院期間に差がないのに、誤って差があるとする確率であるり、本例はこれが 5%未満のため、抗菌薬AとBとでは「有意差がある」と言える。
a~d 研究によって得られたデータを分析において、両者に差が無いのに誤って「差がある」と判定してしまう確率のことをP 値と呼ぶ。
e 正しい。上記の通り。

テーマ:有意差

フォーラムへ投稿

関連トピック

なし