103B17

加齢に伴い発症率が低下するのはどれか。2つ選べ
認知症
片頭痛
ラクナ梗塞
多発性硬化症
Parkinson病

解答: b,d

103B17の解説

加齢に伴い発症率が低下するのはどれか。2つ選べ。
a・c・e これらの病態は加齢により発症率が増加する。
b・d 正しい。片頭痛と多発性硬化症〈MS〉は若〜中年者に多くみられる。高齢者にはみられにくい。

正答率:90%

テーマ:加齢に伴い発症率が低下する疾患

フォーラムへ投稿

関連トピック