103A33

25歳の女性。妊娠28週の妊婦健康診査で、初めて血糖高値を指摘され来院した。母親が糖尿病である。身長156cm、体重60kg。尿所見:蛋白(-)、糖2+、ケトン体(-)。食後2時間血糖172mg/dL、HbA1c(NGSP)7.2%。眼底に異常を認めない。
治療薬として適切なのはどれか。
インスリン
チアゾリジン薬
ビグアナイド薬
スルホニル尿素薬
αグルコシダーゼ阻害薬

解答: a

103A33の解説

妊娠28週であり、妊婦健康診査で初めて血糖高値を指摘された25歳の女性である。母親が糖尿病であり、尿糖2+、食後2時間血糖172 mg/dl、HbA1c 6.8 %であることから妊娠糖尿病が疑われる。
a 正しい。妊婦の糖尿病に対してはインスリンを使用する。
b~e 妊婦への経口血糖降下薬の投与は禁忌である。

テーマ:妊娠糖尿病

フォーラムへ投稿

関連トピック

なし