102H15

浮腫の原因とならないのはどれか。
β遮断薬
ビタミンB1
卵胞ホルモン薬
カルシウム拮抗薬
非ステロイド性抗炎症薬

解答: b

102H15の解説

a β遮断薬により心拍出量は低下するため、浮腫を来しうる。
b 誤り。逆にビタミンB1の欠乏により脚気心で浮腫をきたす。
c 卵胞ホルモンはエストロゲンであり、ステロイドの一種のため、浮腫を来しうる。
d 血管拡張作用を有するため、静脈に血流がうっ滞することにより浮腫をきたす。
e 非ステロイド性抗炎症薬は副作用として浮腫がある。

テーマ:浮腫の原因

フォーラムへ投稿

関連トピック

なし