102G57

68歳の女性。右片麻痺と言語障害とが突然出現したため3日前に搬入された。左中大脳動脈領域の脳梗塞と診断された。意識は清明。体温36.4℃。脈拍80/分、不整。血圧180/100mmHg。心電図モニター上、心房細動を認める。右上下肢は弛緩性で随意運動は不能。呼びかけに対し理解は可能だが、発話は困難である。嚥下反射は遅延を認める。尿意ははっきりせず、膀胱カテーテルが留置されている。
この時点で開始するのはどれか。2つ選べ
a
経口摂取
b
立位訓練
c
関節可動域訓練
d
段階的坐位訓練
e
ポータブルトイレでの排尿訓練

解答: c,d

102G57の解説


テーマ:急性期脳塞栓・リハビリテーション