101E12

3,800gの男児を分娩した。10分後に胎盤が自然娩出したが、その直後から持続的な性器出血がみられ、子宮底は臍窩上に触知する。出血の原因として考えられるのはどれか。
腟壁裂傷
頸管裂傷
子宮破裂
弛緩出血
子宮内反症

解答: d

101E12の解説

3,800gと巨大児を分娩した。胎盤娩出後から持続的な性器出血がみられ、子宮底は臍窩上に触知することから、弛緩出血を起こしている。
a・b 裂傷による出血は、胎児分娩直後から生じる。
c 子宮破裂は分娩時のトラブルであり、分娩後である本例とは時期が異なる。
d 正しい。上記の通り。
e 子宮内反症では胎盤分娩後の激痛がみられるはずであり、本例とは臨床像が異なる。

テーマ:弛緩出血

フォーラムへ投稿

関連トピック

なし