受付中 109A52 免疫

肺高血圧 2音 狭い 広い

肺高血圧は2音が狭いパターン101g19も、広いパターンもあるのですか?
本問でなぜ病的開大しているのか気になりました。
よろしくお願いいたします。

回答1件

  • (コンシェルジュアカウントから返信がありましたが、内容が不十分だったようですので、私の方から再度コメントしています)

    古い文献ですが、
    http://www.jcc.gr.jp/journal/backnumber/bk_jcg/pdf/063-3.pdf
    が参考になるかと思います。
    最後のページの要約だけ読んでもらえれば十分で、要はII音が遅くなるか早くなるか、の決定要素は複数あるのですね。
    そのため、今回のようなバリエーションも出てくるのだと思います。

コメントを投稿する

ログインするとコメントを投稿することができます。

  • 問題参照 109A52

    38歳の女性。労作時呼吸困難を主訴に来院した。29歳時に関節炎を発症し、同時にリンパ球減少、血小板減少およびネフローゼ症候群を指摘され、全身性エリテマトーデス〈SLE〉の診断で治療を受けている。3か月前から労作時の呼吸困難を感じていた。1か月前から階段を昇るときにも息切れを自覚するようになったため受診した。身長163cm、体重50kg。胸骨左縁第2肋間でII音の病的分裂と肺動脈弁成分の亢進とを認める。呼吸音に異常を認めない。尿所見:比重1.009、蛋白1+、潜血2+。血液所見:赤血球460万、Hb 12.1g/dL、Ht 36%、白血球8,600、血小板21万。血液生化学所見:アルブミン3.5g/dL、AST 67U/L、ALT 95U/L、LD 370U/L(基準176〜353)、尿素窒素15mg/dL、クレアチニン0.7mg/dL。免疫血清学所見:CRP 0.1mg/dL、抗核抗体640倍(基準20以下)。心電図(A)と胸部エックス線写真(B)とを別に示す。
    労作時呼吸困難の原因を診断するために最も有用な検査はどれか。
    • a 冠動脈造影
    • b 心エコー検査
    • c 気管支内視鏡検査
    • d ポリソムノグラフィ
    • e ガリウムシンチグラフィ
  • 関連トピック

    なし