解決済 - 耳鼻咽喉科

流行性耳下腺炎による難聴について

2018あたらしいマイナーのp57の板書の中で、めまいなしとして流行性耳下腺炎が書かれていますが、
内耳炎の原因として流行性耳下腺炎があり、この場合前庭機能・蝸牛機能両方が障害され、めまいも現れうるのではないかと思ってしまいました。
どう考えたらよいでしょうか?

回答1件

  • 一般問題の大原則をいつも言っていますが、さまざまな合併症を考えて矢印をつなぎすぎるのはこういうケースでルール違反です。
    例)PBCにはAIHを合併。ゆえにAIHでは抗ミトコンドリア抗体が陽性となる。
    ↑国試でAIHー抗ミトコンドリア抗体、の組み合わせはバツだが、こう言われるとマルっぽく思えてしまう。

    同じ原理で、「流行性耳下腺炎→内耳炎→前庭の炎症→めまい」、であればマルですが、「流行性耳下腺炎→めまい」とのみ書かれていれば大々的にマルにはしにくいと考えます。あとは、他選択肢との兼ね合いです。

コメントを投稿する

ログインするとコメントを投稿することができます。

  • 関連トピック

    なし