解決済 - 血液

ホジキンリンパ 腫の治療について

お世話になってます。今回血液と免疫を受講させていただいてたところ
免疫にてb細胞が全てcd20が陽性とのことで、それならなぜb細胞由来のホジキンリンパ 腫の治療にはリツキシマブが適応とならないのでしょうか?

回答2件

  • Hodgkinリンパ腫においてCD20が陽性とならない場合も多くあるそうです。なぜ陽性にならないかは調べてみてください。

    がん診療画像レファレンスデータベース(https://cir.ncc.go.jp/pathology/02/pathology05.html)より以下引用(2019/3/12 12:33閲覧)

    VIII-1. 古典的ホジキンリンパ腫classical Hodgkin lymphomaの臨床病理の要点
    ホジキンリンパ腫の約95%を占める。
    55%の症例が臨床病気 stage I and II
    脾腫は約20%、骨髄浸潤は5%。
    骨髄にリンパ管はなく、骨髄浸潤はstage IV。
    反応性背景の中にReed-Sternberg細胞を認める。ただし"診断的"なものは少ない点に留意。
    免疫染色による確認は必須(CD30 90-100%, CD15 75-80%, CD20 10-20[40]%, CD45RO/43 <10%,EMA <5%)。
    98%以上の症例で胚中心B細胞由来、稀に末梢T細胞由来とされる(WHO)。しかし、B細胞としての分化段階を巡る議論、あるいは濾胞樹状細胞由来とする説もある。

  • なるほどーーありがとうございます。調べてみます

コメントを投稿する

ログインするとコメントを投稿することができます。

  • 関連トピック

    なし