解決済 - 呼吸器

呼吸不全のPaCo2

テキストでは、
肺胞蛋白症(←拡散障害)のPaCo2は正常
肺動静脈瘻(←右左シャント)のPaCo2は低下
肺血栓塞栓症(←換気血流不均等)のPaCO2は低下
と穴埋めになっています。いずれも1型の呼吸不全で高炭酸ガス血症が生じないことは理解できるのですが、穴埋めをしようと思ったら正常と低下を丸覚えしなくてはなりません。
どういった病態の違いからこれらを使い分けるのか、教えていただきたいです。よろしくお願いします。

回答2件

  • 過呼吸の有無ですね。
    「低酸素強くて、やばい!」っていう疾患はPaCO2下がります。
    肺胞蛋白症はそこまで緊急性高い疾患ではないです。

  • そういった意味合いだったんですね!
    ありがとうございました!

コメントを投稿する

ログインするとコメントを投稿することができます。

  • 関連トピック

    なし