受付中 104G44 10.神経

動脈瘤破裂後も動眼神経麻痺になる理由は?

104G44に関して。未破裂動脈瘤による圧迫で動眼神経麻痺が起こることは多くの教科書にありますが、破裂後にも麻痺が見られるのはなぜでしょうか?破裂前の麻痺がしばらく続くのか、それとも血腫などにより新たに圧迫され麻痺が生じるのか、ご存知の方がおられたらご教示ください。

回答1件

  • 破裂による出血、破裂後の血腫形成、虚血によるダメージ、などが原因でしょう。

コメントを投稿する

ログインするとコメントを投稿することができます。

  • 問題参照 104G44

    45歳の男性。意識障害のため搬入された。職場の同僚によると、昼食中に突然、激しい頭痛を訴えた後、意識が低下したという。搬入時は傾眠状態で呼びかけによって開眼する程度である。既往歴に特記すべきことはない。家族歴は姉に未破裂脳動脈瘤が指摘されている。
    この患者にみられる可能性がある徴候はどれか。2つ選べ
    • a 兎眼
    • b 除皮質硬直
    • c 一側の眼球突出
    • d Brudzinski徴候
    • e 一側の散瞳と眼瞼下垂
  • 関連トピック