解決済 104G66 02.内分泌代謝

糖尿病性ケトアシドーシスの治療

フォーラム投稿失礼いたします。

dのインスリン投与は選択できたのですが、もう一つの選択肢を選ぶにあたって、aの食事療法とbの降圧薬投与で迷い、bを選んでしまいました。

尿中アルブミンが208mg/gg/Cr、クレアチニンクリアランスが78ml/分と低下しており、糖尿病性腎障害があると考えてbの降圧薬投与を選んだのですが、この考え方は筋が悪いでしょうか。。

回答1件

  • 高度な血圧上昇もなく、今回の患者さんの主訴や病態と直結しないため選択されません。

コメントを投稿する

ログインするとコメントを投稿することができます。

  • 問題参照 104G66

    対応として適切なのはどれか。2つ選べ
    • a 食事療法
    • b 降圧薬投与
    • c 脂質低下薬投与
    • d インスリン投与
    • e 経口血糖降下薬投与
  • 関連トピック

    なし