解決済 -

蛋白選択性について

あたらしいシリーズ2018 腎臓のテキストのP48で
蛋白選択性は高いのと、
※尿蛋白選択性=IgGクリアランス➗トランスフェリンクリアランス
が小さくなるのがよくわかりません。

クリアランスとは、もれてしまう、というイメージでいいですか?

回答1件

  • ご質問されているのは微小変化型ネフローゼ症候群のことでしょうか。

    腎の外側(皮質)にある糸球体から、尿細管に物質がこし出されるまでの間には、①基底膜によるサイズバリアと、②糸球体上皮細胞が出すたこ足細胞によるチャージバリアがあります。

    ①サイズバリアは、こし出される物質の大きさを調整します。サイズバリアが働いておれば、一定の大きさの穴をくぐり抜ける小さい物質のみこし出され、小さい物質が選ばれて出ているということから、選択性が高いと言います。この時、分子量の大きいIgGはこし出されず、IgGクリアランスが小さくなり、分数を考えると尿蛋白選択性を示す指標は小さいと言えます。
    指標に関しては国試の過去問にあまり出ていませんので、選択性が高いと記憶されるのがいいと思います。

    ②チャージバリアはマイナスの電荷を持っており、アルブミンなどのマイナスの電荷を持った物質がやってくると反発して、こし出されないようにします。

    微小変化型ネフローゼ症候群の場合、前者のサイズバリアは正常に機能し、上の①に記載した通りの選択性となりますが、後者のチャージバリアが機能しません。チャージバリアの機能障害によりアルブミン尿が出ます。

    分かりにくい説明で申し訳ありません。クリアランスのイメージの説明や巣状分節性糸球体硬化症との違いなど、他の方追記訂正をお願い致します。

コメントを投稿する

ログインするとコメントを投稿することができます。

  • 関連トピック

    なし