受付中 105G54 08.消化管

食道アカラシアの食道内圧検査について

①〜④で収縮が2回あるのは何故なのでしょうか。嚥下できないため、もう一度収縮していると考え、cを正答に選んでしまいました。

回答0件

コメントを投稿する

ログインするとコメントを投稿することができます。

  • 問題参照 105G54

    50歳の男性。食事の際の胸につかえる感じを主訴に来院した。数年前から急いで食事をすると胸のつかえ感が出現するため、食習慣に注意していたが症状はゆっくり進行し、最近では嘔吐することもあった。体重は最近1年間で5kg減少した。腹部は平坦、軟で、圧痛を認めない。上部消化管内視鏡検査では食道の拡張、食道内の食物残渣および胃粘膜の軽度萎縮を認める。上部消化管造影写真(A)と次に行った食道内圧検査の結果(B①~⑤)とを別に示す。
    嚥下時の食道内圧検査所見のうち、確定診断の根拠となったのはどれか。2つ選べ
    • a ①の収縮圧が低い。
    • b ②~④で同時に収縮している。
    • c ②~④で第2の弱い収縮を認める。
    • d ③の収縮圧が低い。
    • e ⑤の圧が下がらない。
  • 関連トピック

    なし