解決済 110G23 公衆衛生

がんの年齢調整死亡率の地域差

講義では
西日本にC肝が多く肝癌になりやすい
日本海側は魚をよく食べるので塩分摂取が多く胃癌になりやすい
近畿、北九州は喫煙率が高く肺癌が多い

とありましたが、
地図の右下の年齢調整死亡率の数字を見て、癌の死亡率ランキングから考えていくというのはどうでしょうか

回答2件

  • 癌の死亡率ランキングをしっかりと暗記していればそれも手かと思います。
    が、ランキングは年度による変動があるので、その解法で確実に得点をするためには各年度によるランキングを厳密に暗記しておらねばならず、個人的には怖いな、と思ってしまうところです。

    国試では最新統計が出題されるかわかりません。
    現に113回では113F4で4年前のものが出題されています。
    この件については下記で示しました。まだお読みになっていなけれれば是非お読み下さい。
    https://medu4.com/blog/update

    • ありがとうございます!
      大まかな傾向を覚えていってそこから正答を絞っていくという戦法を一貫していこうと思います!!

コメントを投稿する

ログインするとコメントを投稿することができます。

  • 問題参照 110G23

    2009年から2013年までを平均した、男性の部位別がんの年齢調整死亡率(人口10万対)のうち、胃、肝(肝内胆管含む)及び肺(気管、気管支含む)について、都道府県別に5群に分けた図(A、B、C)を別に示す。
    A、B、Cに対応するがんの部位で正しいのはどれか。
    A B C
    a
    b
    c
    d
    e
  • 関連トピック

    なし