111E8

50歳から74歳までの男性について、ある癌の年齢階級別死亡率(人口10万対)の生まれ年による推移を別に示す。

この癌の部位はどれか。

大腸
肝臓
前立腺

解答: c

111E8の解説

出生コホートについてグラフの読解。
a〜e 1930〜40年ころに生まれた男性はC型肝炎への罹患が多い。ゆえにこの時期に生まれた者に記載されている全年齢階級で死亡率のピークがきていることから、cが正しい。
※グラフ読解だけでは解けず、疫学的事実を知っているか、が問われているため激難。正答率も低く、本番でこうした「知っているか知らないか」という問題に遭遇したケースでは潔く諦めるのも一つの手だ。むろん、今この解説を読んでいる諸君にとって本問は過去問の1つに過ぎないため、上記の事実は覚えておかねばならない。

正答率:20%

テーマ:癌の死亡率についての出生コホート分析

フォーラムへ投稿

関連トピック

なし