110I36

病変部皮膚の表皮基底膜部にIgGが沈着する疾患はどれか。2つ選べ
天疱瘡
疱疹状皮膚炎
水疱性類天疱瘡
Hailey-Hailey病
後天性表皮水疱症

解答: c,e

110I36の解説

a 表皮内のIgG沈着をみる。
b 真皮乳頭部のIgA沈着をみる。
c・e 正しい。水疱性類天疱瘡が表皮側に沈着するのに対し、後天性表皮水疱症は真皮側にIgG沈着をみる。この点で両者を鑑別することが可能。
d 遺伝性疾患である。特に免疫グロブリンの沈着はない。

正答率:59.0%

テーマ:表皮基底膜部にIgGが沈着する疾患

フォーラムへ投稿

関連トピック

なし