109F18

19歳の男性。鼻汁と咽頭痛とを主訴に来院した。2日前から透明な鼻汁が多く、咽頭痛とともに少し咳が出るため受診した。痰は少量で透明な色調である。軽度の頭重感があるが食事は普通に摂取できている。同居している家族も同様の症状を呈している。既往歴に特記すべきことはない。体温37.3℃。咽頭に軽度発赤を認める。頸部リンパ節を触知しない。呼吸音に異常を認めない。
最も考えられるのはどれか。
肺炎
気管支喘息
急性上気道炎
伝染性単核球症
連鎖球菌性咽頭炎

解答: c

109F18の解説

同居家族に同様の症状があり、感染症であることは歴然。透明な鼻汁と痰であり、細菌感染は否定的。咽頭痛もあり、ウイルス性の上気道炎が考えやすい。
a 肺炎であれば、呼吸音に異常が出る。
b 気管支喘息であれば、呼吸音に異常が出る。また、家族に同様の症状は出ない。
c 正しい。臨床所見に最も矛盾しない。
d 伝染性単核球症〈IM〉であれば、頸部リンパ節腫脹がみられる。
e 連鎖球菌性咽頭炎であれば咽頭発赤が高度で、リンパ節腫脹がみられる。

正答率:90%

テーマ:急性上気道炎

フォーラムへ投稿

関連トピック

なし