109D52

80歳の女性。咳嗽を主訴に来院した。2か月前から咳嗽が出現し、増強してきたため受診した。10年前から糖尿病で経口血糖降下薬を服用中である。意識は清明。体温36.8℃。脈拍72/分、整。血圧146/82mmHg。呼吸数18/分。心音と呼吸音とに異常を認めない。胸部エックス線写真で左中肺野に結節影を認める。胸部CT(A)と経気管支肺生検組織のPAS染色標本(B)とを次に示す。
治療薬として適切なのはどれか。
a
ST合剤
b
リファンピシン
c
フルコナゾール
d
ガンシクロビル
e
プラジカンテル

解答: c

109D52の解説

糖尿病があり、免疫力が低下している患者。肺の空洞・小粒上陰影(画像A)と病理検査での莢膜形成(画像B)をみており、肺クリプトコッカス症の診断。
a ニューモシスチス肺炎に有効。
b 結核感染に有効。
c 正しい。肺クリプトコッカス症には抗真菌薬であるフルコナゾールが有効。
d サイトメガロウイルス感染に有効。
e 肺吸虫症に有効。

テーマ:肺クリプトコッカス症