109D50

34歳の女性。4年間の不妊を主訴に来院した。月経周期は29日型、整。19歳時に骨盤腹膜炎の診断で抗菌薬投与を受けた既往がある。子宮卵管造影で両側の卵管水腫と診断し、腹腔鏡下手術を施行した。手術時の肝周囲の写真を次に示す。
この所見の原因として考えられる病原体はどれか。
a
アニサキス
b
クラミジア
c
リステリア
d
トリコモナス
e
バクテロイデス

解答: b

109D50の解説

妊娠可能年齢の女性における不妊。骨盤腹膜炎の診断で抗菌薬投与を受けており、原因として最も多いクラミジア感染は念頭におくこととなる。腹腔鏡の写真で肝周囲の癒着がみられFitz-Hugh-Curtis症候群による肝周囲炎が考えられる。卵管水腫もあり、不妊症はクラミジアが原因となった卵管癒着が原因であろう。
a 胃内にみられる。
b 正しい。クラミジア感染が原因となる。
c 高齢者や免疫不全者の肺炎の原因となる。
d 腟炎の原因となる。
e 敗血症の原因となる。

テーマ:Fitz-Hugh-Curtis症候群・クラミジア感染