108G16

血液検査項目とその検査結果が高値となる病態の組合せで誤っているのはどれか。
K - 溶血性貧血
総蛋白 - 多発性骨髄腫
アルブミン - 非代償性肝硬変
総コレステロール - 甲状腺機能低下症
直接ビリルビン - Dubin-Johnson症候群

解答: c

108G16の解説

a 溶血性貧血では赤血球内に豊富に含まれるKが漏出するため、Kが血中で増加する。
b 多発性骨髄腫では腫瘍化した形質細胞がM蛋白を産生する。ゆえに総蛋白が増加する。
c 誤り。非代償性肝硬変では、肝臓の合成能が低下する。ゆえにアルブミンは血中で減少する。
d 甲状腺機能低下症では代謝低下により総コレステロールが増加する。
e Dubin-Johnson症候群は直接ビリルビン優位の上昇をみる体質性黄疸である。

テーマ:血液検査項目とその検査結果

フォーラムへ投稿

関連トピック

なし