106I12

内耳道に限局した聴神経腫瘍による症状として考えにくいのはどれか。
耳鳴
難聴
めまい
顔面神経麻痺
顔面の感覚低下

解答: e

106I12の解説

内耳道の中を前庭神経と蝸牛神経、顔面神経が通っているため、聴神経腫瘍によりこれらの神経が障害される。
a・b・c・d 上記の神経が障害されるため、正しい。
e 誤り。顔面の感覚は三叉神経が担っているため、内耳道に限局した腫瘍では障害されない。

正答率:78%

テーマ:聴神経腫瘍

フォーラムへ投稿

関連トピック